SnowMan担降り理由まとめ!降り先やグッズ処分方法を紹介

SnowMan担降り理由まとめ!降り先やグッズ処分方法を紹介

ファンクラブ会員数が68万5千人(2022年4月現在)と、ジャニーズデビュー組の中では第5位となったSnowMan。

ですがその反面、「SnowManは担降りするファンも多い」とにわかには信じがたい話があります

SnowManの担降りは本当に多いのか、またなぜ担降りが起こるか知りたくないですか?

そこで今回は「SnowMan担降り理由まとめ!降り先やグッズ処分方法を紹介」と題して、SnowManファンが担降りする理由や担降り先、担降り後のグッズの処分方法をまとめました。

SnowManからの担降りを悩んでいる方は是非参考にしてくださいね!

チケちゃん

ものすごい人気のSnowManなのに、担降りするファンが多いって本当なのかな。

ジャニくん

担降りが増えるには理由があるんだよ。
SnowManのファンが担降りする理由を見てみよう!

目次

SnowMan担降り理由は?

「担降り」は「ファンを辞める」という意味のジャニーズファンの造語です。

担降りとは・・・
自分が今まで推してきたアイドルの担当(ファン)を降りる(やめる)という意味。
または、自分が今まで推してきたアイドルの担当(ファン)を降りて(やめて)他のアイドルに乗り換えるという意味。

使い方:「担当が〇〇なので、担降りした」

担降りに至る理由は様々ですが、SnowManの担降りの代表的な理由をいくつか紹介します。

6人のSnowManが好きだった

一番根深い問題はこの「オリジナルメンバーのSnowManが好きだった」という意見です。

まずはSnowManの結成や現メンバーに至った経緯をご紹介します。

SnowManのメンバー増員までの経緯

SnowManは、滝沢秀明さんのプロデュースの下で結成しました。

増員までの主な経緯は次の通りです。

  1. 2012年に6人体制で結成
  2. 先輩グループのバックを勤めながら自分たちの主演公演もこなし、「デビュー組より忙しいジュニア」と言われる
  3. バックがはまりすぎて同期や後輩が先にデビューしてしまう
  4. 苦労人のSnowManを何とかデビューさせるため、滝沢秀明さんが3人を新メンバーとして加入させる
  5. 2019年1月に現在の9人体制のSnowManの活動がスタート

SnowManは、その身体能力の高さから繰り出される様々なアクロバットやダンスが魅力で、「職人軍団」と呼ばれ、先輩グループからのバックのオファーは途切れることがありませんでした。

しかし、同期や後輩がデビューする後姿を何度も見る中で「辞めよう」と思ったメンバーも多かったようですね。

そんな中、ジュニアのプロデュースをしていた滝沢秀明さんが、ジュニアの別ユニットからの新メンバー加入を提案。

その際に選ばれた新メンバーは、ラウールさん(当時は少年忍者)、目黒蓮さん(宇宙Six)、向井康二さん(関西ジャニーズJr.)の3名。

話し合いの結果、6人がその提案を受け入れて2019年1月に現在の9人体制のSnowManの活動が始まりました。

古株ファンの想いと担降りの決意

2020年1月22日、9人のSnowManは華々しくデビューしました。

しかし、デビュー後のSnowManのは、パフォーマンスの形が大きく変わることに。

SnowManのパフォーマンスは、マニアックなジャニーズファンが好む質の高いアクロバットやダンスから、マニアでなくとも分かりやすいキャッチーな振り付けや親しみやすさが目立つようになります

すると、「6人のSnowManが好きだった」という古株ファンの想いが爆発したのです・・・

そして、その古株ファンの気持ちを更に離れさせてしまったのが「歌割問題」

CDが発売されるたび、「歌割が不平等」と、ファンが騒ぎ出し大炎上を繰り返しました。

特にオリジナルメンバー数名の歌割が少ないため、「歌番組に出演してもカメラに映らない」と古株ファンからの不満が多くなり、古株ファンと新規ファンが言い争いになることも。

そんな状況に嫌気がさし、担降りを決意する古株ファンが続出したのです・・・

メンバーの発言や行動等についていけない

SnowManは「炎上案件が多いグループ」と言われています。

そこで次は、そんな炎上エピソードをまとめてみました。

SnowManの炎上エピソード(発言編)

①デビューシングルに収録の特典映像のインタビューにてSixTONESのスタイルを否定するかのような発言で炎上

②2021年のライブツアーで、ツアーグッズのペンライトが、ラウールのメンバーカラーの白のみに点灯する仕様だったため、ラウール以外のファンから大炎上。その後、複数のメンバーが何度も趣旨を説明して「白色統一」を強調したが、そのたびに大炎上。

③2021年のライブツアーで、「SnowManは常にミリオンを狙っている。5枚目のシングルもミリオンいきたい」「チームSnowMan、次もミリオン行くぞ」と複数のメンバーがCDの購入を促すかのような発言をし、「購入しろ圧力が凄い」と炎上。

炎上発言については、説明不足というか、言葉のチョイスが上手ではない気がします。

例えば、ミリオン狙っている発言については、すでに購入済みのファンからは買い増ししなきゃ、と感じてしまうのは無理もありません。

だって実際、ファンだけでミリオンをいかせるためには、一人1枚では足りないですから・・・

ちなみに、あれほどCDの売り上げがあった「嵐」も、ライブでCD購入を促す発言があっても炎上には至っていません。

嵐の場合、日本国民で知らない人はいないのではないかと思うくらい、あれだけの国民的アイドルになった後でも、ライブのときにはサラッとCDの購入を勧めていましたよ!

「私たちが嵐です!お見知りおきを!今日初めて嵐のライブを見たという方、楽しいですか?まだCDをお手に取っていただいていないようでしたら、是非!」といった感じでした。

やはり、SnowManの発言はファンに対する気遣いの経験不足は否めませんよね・・・

SnowManの炎上エピソード(行動編)

①2018年のYouTubeチャンネル内の動画で着用していたTシャツが原爆のきのこ雲を連想させるデザインだったため、ネットユーザーを中心に炎上。

②2021年4月の「滝沢歌舞伎」が緊急事態宣言で途中から公演中止になった際、中止前の最後の公演時に幕を下ろさず手を振って観客を見送る特別なサービスを行った。中止の公演に入場予定だったファンから「行けた人より行けなかった人への配慮が欲しかった」との書き込みで炎上。

③ジャニーズの先輩グループ「V6」にコメントを送るVTR内で、足を大きく広げ姿勢が悪いメンバーの姿があったため、「先輩に対して失礼」と大炎上。
またその際にV6のカミセン(森田剛さん・三宅健さん・岡田准一さん)を「年下組」と言ったことから、VTRを見た井ノ原快彦さんが「年下組って言われてる・・・」と苦笑いしたため、「先輩をなめている」とさらに炎上することに。

④2021年のライブツアーの宮城講演で、ラウールが学校行事のため30分間中座することになり、ラウールを待つ間残ったメンバーがファンサタイムを実施。
しかし、BGMもない中で花道をひたすら歩き、客席の前列のファンとは直接話したり笑いあったりと濃厚なファンサであったため、後列や天井席のファンからの不満が爆発、大大大炎上!

ざっと挙げただけでもこれだけの炎上騒動が・・・

しかし、これはほんの一部で、ネットにはまだまだ炎上ネタが書きこまれています。

(ただし、中にはとばっちりや他の炎上に巻き込まれたようなSnowManには非のないようなものも多数あり。)

やはり、ファンへのサービスの仕方に配慮の不足、経験不足が感じられます。

SnowManは、デビュー前は小さいシアターサイズの公演が多く、デビュー後も有観客ライブを行うことができなかったことから、大きな会場で観客全員を楽しませることに慣れていなかったのかもしれませんよね。

今後、たくさんの公演やいろいろな会場を経験する中で、会場にいるすべてのファン、さらには会場に来られなかった多くのファンに思いを馳せることができるようになることでしょう・・・

デビューハイから目が覚めた

これはSnowManファンに限らずジャニーズファンあるあるなのですが、応援していたグループがデビューをすると、途端に熱が冷めてしまうファンがいます。

ジャニーズファンというのは、ものすごい数のジュニアの中からお気に入りのジュニアやユニットを見つけ出し、その子を追っかけながら成長を見守り、デビューまでを支えることを楽しむ一面があります。

もちろん多くのジュニアはデビューの日を迎えることはなくファンの前から去っていくのですが、それも織り込み済みで応援していて、自分が発掘したジュニアがどんどん人気が出てデビューすることができたとき、その喜びは想像を絶します。

そして、デビューして少し時間が経つと、興味がなくなり担降りがおきる、というわけです・・・

SnowMan担降りファンの降り先は?

前出のように、ジャニーズジュニアのファンは応援しながら少年から青年、そして大人になっていく過程を一緒に体感することを楽しんでいる傾向がありますので、担降りする先はやはりジュニア

今、ジュニアは次のデビューを巡る熾烈な戦いを繰り広げているグループが複数あります。

SnowManの担降り先として特に注目されているジュニアは、以下の通り。

デビューが噂されているグループ
グループの特徴
メンバー
Travis Japan
・身体能力抜群のアクロバット集団
・現在は全員でアメリカへ無期限留学中
宮近海斗
中村海人
七五三掛龍也
川島如恵留
吉澤閑也
松田元太
松倉海斗
HiHi Jets
・ローラースケートが得意
・ジャニーさん絶賛のセルフプロデュース能力が武器
髙橋優斗
井上瑞稀
橋本涼 
猪狩蒼弥
作間龍斗
美 少年
・ジュニアの中の美形メンバーで選抜されたと言われている
岩﨑大昇
佐藤龍我
那須雄登 
浮所飛貴
藤井直樹
金指一世
7MEN侍
・バンドタイプのグループ
・演奏の他、歌にも定評あり
中村嶺亜
菅田琳寧
本髙克樹
佐々木大光
今野大輝
矢花黎
IMPACTors
・2020年10月に音楽番組内で結成発表
・先輩のバックを務めながら個々のスキルを磨く
佐藤新
基俊介
鈴木大河
影山拓也
松井奏
横原悠毅
椿泰我

また、22人の大人数なので気になる子が一人は見つかる「少年忍者」や、特技はアクロバット・タップダンス・バレエにディアボロと多彩なメンバーを擁する「Jr.SP」

また、関西ジャニーズからなにわ男子に続け!「Lil関西」など、さらにその次の世代に担降りするファンもいるようです。

SnowMan担降り後のグッズ処分方法は?

さて、担降りするとあんなに大事だった担当のグッズはどうしましょうか?

次の担当がいる場合はそのグッズの保管場所を確保するために、残念ながら元担のグッズは処分することになりそうですね・・・

処分先は次の通りです。

  • 専門買取サイト
  • 他の人に譲る
  • 処分する

それでは、実際にどのように処分するか詳しく見ていきましょう。

専門買取サイトに売る

専門買取サイトは手軽に換金できることから人気ですが、状態がいいものでないと買取そのものを行ってもらえなかったり、思った通りの金額で買い取ってもらえなかったり、案外ストレスがたまります。

それでも、いくらでもいいから金額にこだわらず買い取ってもらえればいい、という方には箱に入れて送るだけのサイトもありますので確認してみるとよいでしょう!

案外、高値で買い取ってもらえるお宝が皆さんの手元にあるかも?

ファンの人に譲る

喜ばれるのは同じグループのファンの人に譲ること。

ただし、譲って頂く方はいらないものでも「いらない」とは言いにくいもの。

手作りのうちわやグッズのリメイク品などは、よほど出来のいいものでなければかえって迷惑になります。

気が置けないお友達であれば、譲りたいグッズを並べて欲しいものを選んでもらうというのもよい方法ですよね!

思い切って捨てる

一番簡単なのは、ごみとして捨ててしまうこと。

ただし、担降りしたとはいえ、一時は夢中になるほど大好きだった元担当の写真やロゴなどが入ったグッズをゴミに捨ててしまうのは何とも忍びないものではないでしょうか・・・

捨てる際は、地域で決められた方法で分別をしっかりして、最後まで愛情をこめて処分したいものですね。

まとめ

今回は「SnowMan担降り理由まとめ!降り先やグッズ処分方法を紹介」と題してお送りしてきました。

ファンクラブ会員の人数が増えてくると、一定数担降りが出てくるのはどのグループにもよくあることです。

それでも残って応援し続けるのが、生粋のファンですよね。

SnowManにもそういったファンの皆さんがたくさんいますし、今現在もどんどん増えていっています。

SnowManとファンがお互いを思い合い、成熟した関係になった時、きっと担降りを考えるファンはいなくなることでしょう。

筆者は今後もSnowManを応援していきます!

以上「SnowMan担降り理由まとめ!降り先やグッズ処分方法を紹介」でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次