京本大我主演!流星の音色最新カード枠情報! 今すぐ確認

THEBOYFROMOZ(坂本昌行舞台2022)倍率がヤバい?当選しやすい穴場公演日も紹介

チケちゃん

ジャニーズの坂本昌行さんが主演の舞台すごく面白そう!
行ってみたいけどチケットは手に入るかな?
倍率はどれくらいか教えて!

2020年に新型コロナ感染拡大の影響で全公演が休演となった、ジャニーズの坂本昌行さん主演舞台「THE BOY FROM OZ」

この舞台は約2年越しの念願が叶い、2022年6月18日から7月16日に再演が決定しました!

V6の中でも「歌唱力とダンスが半端ない!」と評判の坂本さんの舞台、ファンでなくとも「ぜひ行ってみたい!」と思っている方は多いと思います。

そんな「THE BOY FROM OZ」の舞台のチケット争奪戦の倍率は、どれくらいなのか気になりませんか?

そこで今回は「 THE BOY FROM OZ(坂本昌行舞台2022)倍率がヤバい?当選しやすい穴場公演日も紹介 と題して、坂本昌行さんの主演舞台のチケットの倍率予想をまとめました。

また、倍率の高い低い公演日も予想しましたので、「公演を観てみたい!」「チケットを取りたい!」と思っている方は、是非参考にしてください!

ジャニくん

会場の収容人数と申し込み人数の予想で、
倍率も予想できるんだ。
申し込み時のヒントになるから詳しく紹介するよ!

目次

舞台「THE BOY FROM OZ」チケット倍率予想

倍率予想の際の大きなヒントは、会場の収容人数と申し込み人数、過去の舞台の倍率予想との比較です。

それでは早速ご紹介しましょう!

舞台「THE BOY FROM OZ」会場別収容人数

会場別収容人数は以下の通りです。

【東京】
・東急シアターオーブ
・約1,900席×18公演=34,200席
【大阪】
・オリックス劇場
・約2,400席×4公演=9,600席

つまり、全22公演の合計座席数(観客動員数)は、約43,800席です。

では、過去の坂本さん主演舞台はどうでしょうか。

「Murder For Two」
2022年1月~2021年2月


【東京】
・Bunkamuraシアターコクーン
・約750席×20公演=約15,000席
【大阪】
・森ノ宮ピロティホール
・約1,000席×8公演=8,000席
【仙台】
・電力ホール
・約1,000席×3公演=3,000席
【松本】
・キッセイ文化ホール大ホール
 (長野県松本文化会館)
・約2000席×2公演=約4,000席

全公演の合計座席数(観客動員数)
約30,000席


「Murder For Two」は「THE BOY FROM OZ」より座席数が少なく、Twitterの声も当選と落選が半々のように見えます。

しかし今回は、この通りにはいかないようです・・・

なぜなら、「THE BOY FROM OZ」には関西ジャニーズJr. 「Aぇ!group」の澤澤誠也くんも出演するから。

「Aぇ!group」は、関西Jr.の次のデビュー候補筆頭のグループで、そのなかでも末澤さんは福本さんや正門さんと共にトップクラスの人気を誇るメンバーです。

その末澤さんの出演ともなれば、ジュニアファンの申し込みも増えて、「Murder For Two」より高倍率になるのではないか、そう予想できますよね。

舞台「THE BOY FROM OZ」チケット申し込み人数と倍率予想

舞台「THE BOY FROM OZ」の倍率は3~4倍と予想しました!

倍率の根拠をご説明します。

舞台「THE BOY FROM OZ」のファンクラブ枠チケットの申し込みは、20th Centuryファンクラブ会員/三宅健ファンクラブ会員/岡田准一ファンクラブ会員と、ジャニーズJr.情報局会員のみです。

申し込みの注意点は「1回の申し込みで1公演2枚までの受付」ですが、「複数公演申し込み可能」とあります。

これは倍率が上がる要素満点ですね!

2022年2月現在の20th Centuryファンクラブ会員数は約60,000人、ジャニーズJr.情報局会員数が135万人。

ジャニーズJr.情報局会員がどれくらい申し込むか予想がつかないですが、20th Centuryファンクラブ会員のうち、8割が2回以上の公演に申し込むとすると、当選倍率は3倍から4倍、といったところでしょうか。

43,800席÷(60,000人の80%×2公演)+α(ジュニア情報局からの申し込み)・・・3~4倍

また、今回は100%の収容率で計算しましたので、新型コロナの感染状況等によってはもっと倍率が上がることもあるでしょう。

舞台「THE BOY FROM OZ」当選しやすい穴場公演日は?

当選倍率は3倍から4倍くらいではないか?と予想しましたが、比較的倍率の低い日を狙って申し込みすることで、できるだけ当選確率を上げることができます。

複数公演申し込みが多いとその分倍率は上がり、過去の例から初日と千秋楽、土日祝日や夏休み中なども倍率は高くなりがちです。

また、出演者のお誕生日は一緒にお祝いしたいファンの申し込みが多いので、やはり倍率が高くなります。

・舞台「THE BOY FROM OZ」
 倍率が高そうな公演日予想

【東京】
6/18(初日)・6/19(日)・6/25(土)・6/26(日)・7/2(土)・7/3(日)
【大阪】
7/16(千秋楽) 

逆に倍率が低そうなのは、学生さんや遠征組が申し込みしづらい、平日の昼公演。

今回は東京と大阪の2か所でしか公演がありませんから、遠征組がたくさんいらっしゃるでしょう。

ただし、ジャニーズ事務所は新型コロナ感染予防策として、ワクチン検査パッケージの採用を発表していますし、本人確認も以前より厳しくなっているため、急に行けなくなってもチケットを譲ることが難しくなっています。

つまり、「とりあえず」の申し込みではなく、当選したら確実に行ける日程を選ぶことが最重要ポイントです!

まとめ

今回は「 THEBOYFROMOZ(坂本昌行舞台2022)倍率がヤバい?当選しやすい穴場公演日も紹介」と題してお送りしてきました。

会場の収容率を100%で計算しても倍率は約3~4倍と高いため、チケットをゲットするのはなかなか厳しいかもしれません!

だからこそ、今回ご紹介した倍率予想をしっかりとチェックして、ぜひプラチナチケットをゲットしてくださいね。

以上「THEBOYFROMOZ(坂本昌行舞台2022)倍率がヤバい?当選しやすい穴場公演日も紹介」でした。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる