キスマイドームツアー2022当選倍率予想!当たりやすい公演はいつ?

キスマイドームツアー2022当選倍率予想!当たりやすい公演はいつ?

アリーナツアーが大人気で、倍率の高かった「Kis-MyFtに逢えるde show 2022」。

ドームでの公演も決まりましたね!!!

今年は毎年キスマイのツアーが行われる時期に他グループがドーム公演をすると聞き、今年はもうないかと思いきや…まさかのデビュー日に当ててドーム公演をしてくれるなんて、嬉しくてたまりませんね!!!

今行われているアリーナツアーは、4月10日が最終公演となっています。

また、アリーナツアーは代々木公演など中止になった回もあるので、中止公演に当選した人たちが今回のドームツアーに優先に案内されるのかなども気になるところですよね!

そこで今回は、「キスマイドームツアー当選倍率はどのくらいなのか?」「当たりやすい公演はいつなのか?」と題してお送りしていきます。

目次

キスマイドームツアー開催日程・場所は?収容人数は?

キスマイドームツアーは、2022年5月21日から始まります。

2019年のFREE HUGSからの3年ぶりのドームツアーとなるので、楽しみにしているファンも多いようです。

キスマイドームツアー2022の開催場所・日程一覧

まずは今回のドームツアーの開催日程や場所をご紹介します。

ベルーナドーム(西武ドーム)
(埼玉県)
5月21日(土)18:00
5月22日(日)18:00

京セラドーム大阪
(大阪府)
6月3日(金)18:00
6月4日(土)18:00
6月5日(日)17:00

バンテリンドーム ナゴヤ(ナゴヤドーム)
(愛知県)
6月26日(日)18:00
6月27日(月)18:00

東京ドーム
(東京都)
7月2日(土)18:00
7月3日(日)18:00
7月4日(月)18:00

福岡PayPayドーム
(福岡県)
8月10(水)18:00
8月11(木・祝)15:00

時間帯はほぼ18時からですが、大阪公演の17:00や福岡の祝日は15:00など時間を考慮してくれている日もありますね!

筆者はキスマイのみんなが「翌日に仕事や学校のある方に無理をせずに」と考慮してくれたのかなとも考えてしまいました(笑)

キスマイドームツアー2022の会場収容人数はどのくらい?

ライブで気になるのが会場の収容人数ですよね。

コロナの影響もあり収容人数に制限がかかる可能性もありますが、平常時の収容人数をご紹介いたします。

[埼玉]
ベルーナドーム
(西武ドーム)
3万3556人

[大阪]
京セラドーム大阪
5万5000人

[愛知]
バンテリンドーム ナゴヤ
(ナゴヤドーム)
4万9784人

[東京]
東京ドーム
5万5000人

[福岡]
福岡PayPayドーム
3万8500人

3年前のドームツアーでは、まさかのチケットが余ってしまうという事態が発生しました。

ですが、アリーナツアーで中止になってしまった公演もあるので、そのことも今回のツアーに影響してくるのでは…と考えられます。

キスマイドームツアー2022の当選倍率を予想!

今年は茶封筒の日(2月12日)に加え、デビュー日(8月10日)までをライブに当ててきましたね!

記念日を確保してくれて嬉しい反面、アリーナツアーでは中止の公演が出てしまい悔しい思いをされた方も…

ドームツアーの倍率に響いてくるでしょうか?

筆者の考えとしては、そこまでの影響はないと考えます!

理由として、中止分の公演チケットは優先的に当たるなどのシステムがなく、みなさん全員が平等に当たる確率があるからです。

詳しくは次の項目をお読みください。

アリーナツアー公演中止分のチケットはドーム公演に影響ある?

現在行われているアリーナツアーでは、メンバーの感染により東京・宮城・愛知の公演が中止となりましたが、気になるのは中止になったチケットはどうなるかですよね?

激戦の代々木公演を勝ち取った方達で、「東京ドームに優先的に当選!」を期待するファンも多かったようです。

振替公演も振替日程の調整が困難とされ、完全に中止という形になってしまいましたからね。

しかし残念ながらそのようなことはなく、ドームを申し込み後に当選した場合は、改めてチケット料金を支払う必要がないというシステムだけで、優先的に当選はしないようです。

東京、宮城、愛知の全公演分(約12万人分)がなくなり、新たに多くの方がドームに申し込む可能性が高いと予想します。

ですが、会場の規模が大きくなり、より近くで見れなくなることや、今回の運営側の対応に不満を持つ方も少なからずいらっしゃるので、倍率はそこまで高くはならないのかなとも考えます。

キスマイドームツアー2022の倍率予想は?

キスマイドームツアーの倍率予想は、全体で1.53倍と予想しました!

倍率は、「応募者数÷当選者数(会場の収容者人数)」で計算できます。

(44万人×2枚)÷57.3万人=1.53倍

2022年3月現在でキスマイのファンクラブ会員数は55.3万人以上いると言われています。

応募者数はコロナの影響もありますが、前回外れた方や中止になった方が多く応募すると仮定し、8割の方が応募すると予想します。

またキスマイドームツアーの動員者数は5都市12公演で57.3万人と予想され、今回は1名義につき2人応募される仮定で計算しました。

コロナで収容人数が制限される可能性もあるので、その場合はもっと高くなる可能性があります。

※あくまでも予想なので参考程度にしてください

キスマイドームツアー2022申し込むべき公演は?

キスマイドームツアー2022の全体的な倍率についてご紹介しましたが、続いては各会場について掘り下げてご紹介します。

倍率が高くても記念日に申し込むか、どうしても観戦したいから倍率の低い公演に申し込むか、こちらを読んで参考にしてみてくださいね。

キスマイドームツアー2022の倍率の高い会場は?

倍率が高い会場は、東京・大阪・福岡だと予想します!

東京や大阪は大都市ですので必然的に人が集まる場所となるので、倍率も必然的に上がる可能性が高いです。

今回は地方公演の福岡も可能性として倍率が高い方に入れてみました。

その理由は何といってもキスマイファンは特に記念日に想いが強く、今回のドームツアーの福岡公演にはデビュー日の8/10が含まているためです!

ツイッターでも喜びの声がたくさんあり、参戦したいとつぶやいている方も多くいらっしゃいました。

キスマイドームツアー2022の倍率の低い会場は?

倍率が低い会場は、埼玉と愛知だと予想します。

先ほどご紹介した3都市を除いた2都市ということになりますね!

愛知などは比較的収容人数も多いこと、埼玉は東京に近いので東京に参戦する方が多い傾向にあることです。

記念日などを気にせず絶対に会場に入りたい!!!という方は埼玉と愛知があついと思うので応募してみてくださいね!

まとめ

今回は、「キスマイドームツアー当選倍率はどのくらいなのか?」「当たりやすい公演はいつなのか?」と題してお送りしてきました。

倍率はそこまで高くはないようにも思いますが、中止になってしまったアリーナツアーに当選していた方はどうしても行きたい!というのが本音ですよね…

アリーナツアーとドームツアーは、同じツアータイトルではありますが、二階堂くんや玉森くんが「演出や衣装などをパワーアップさせて考えてるから!」って言っていたのでとても楽しみですね◎

茶封筒の日の公演が中止になってしまいましたので、どうにかデビュー日は無事完走してほしいところです!!

以上、「キスマイドームツアー当選倍率はどのくらいなのか?」「当たりやすい公演はいつなのか?」でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次